07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

おはー!

2017年 08月21日 03:42 (月)

はい、皆さんはまだ寝てますかな?笑

久々に晴れてるっぽい月曜ですわ!😁😁😁



只今空港✈️。。
そしてまだ、ただの闇でーす!笑

終了ー!

2017年 08月20日 21:15 (日)

はーい!今週の営業も終了しましたー!😊



はいよー!

2017年 08月20日 08:34 (日)

いつも通り川西までのバイアスロン完了!💪🏾💪🏾💪🏾

で、いつも思うけど、173の上り坂横に見える川ですが、、

全然綺麗じゃないだけど、、飛び込みてぇー!!😅💦
と、なりながら、それを横目に通り過ぎるという。笑

さ!帰還後に水をガブ飲みし、身体清めたら、今日も元気モリモリ!!いきますよー!😁😁😁

メリー!

2017年 08月20日 06:14 (日)

おはよー!☀️☀️☀️

はーい!やって来ました!メリー!😁😁😁


さ!速攻!折り返しやすか!🚴🏿💨💨💨

たーまやー!笑

2017年 08月19日 21:30 (土)

さて、伊丹花火がポンポン!と鳴ってましたが、それを背にナイトロ行ってやしたわ!😁😁😁



て言うか、PLや、神戸は行くけど、伊丹花火は行かないという。笑😁


て、伊丹花火じゃなくて猪名川花火ですね。笑

オレンとこにこーい!

2017年 08月19日 15:31 (土)

シリア内戦の激戦地である北部アレッポの動物園から救出されたライオンやトラなどが、避難先となるヨルダンに移送された。☝🏾


トルコを経由してヨルダンに到着したのはライオン5頭、トラ2頭のほか、クマと犬とハイエナがそれぞれ2頭ずつ。アレッポの「アーリム・サハル(マジック・ワールド)動物園」で飼育されていたが、救出に携わった団体によると、栄養不足に陥るなどしていた。😢😢😢

ヨルダンでは首都アンマン近郊の保護シェルターが新たな居住地になるという。☝🏾

4年は長いよねー、、

2017年 08月19日 13:26 (土)

英国のメイ首相は16日、「ビッグベン」の愛称で知られる国会議事堂の時計台について、修復作業が行われる4年にわたって鐘が打たれないことに反対する考えを示した。☝🏾


時計台の鐘は、過去157年にわたってほぼ毎時打たれており、英国で最もなじみ深い音の一つ。作業員の安全確保のため、今月21日正午を最後に2021年まで停止され、大みそかのイベントなど重要行事の時のみ鳴らされるという。😅


メイ氏は記者団に「もちろん、作業中の安全は確実に守りたいが、ビッグベンが4年も鳴らない事態は適切とは言えない。下院議長がこの問題を緊急に検討し、作業期間中も鐘が聞けるようにしてくれることを願っている」と述べた。👍🏾

複数の議員らも鐘の停止に抗議を表明しており、デービス欧州連合離脱担当相は、4年間の停止は「狂気の沙汰」と発言。☝🏾
このほか、ナイジェル・エバンス議員は、毎日の作業終了後、夜間のみ鐘を鳴らすことを提案した。☝🏾

まあ、4年は長いよねー、、😅

おーーはーーー!!

2017年 08月19日 09:01 (土)

さて、今朝も早朝からの、ワイハ~までのバイアスロンでしたわー!^_^

で、リスタートしてからの空港風景。。✌🏽

この朝方の空港の雰囲気、けっこう好きなんですよねー。。😁

そして、いつも通り、こっから池田も超え、川西へと走って行ってましたよー。🏃🏾💨💨💨

今日は猪名川の河川敷が朝から沢山の作業員がいて、色々準備してましたわ。😁

さ!週末もハリキッテいっきまーす!💪🏾💪🏾💪🏾

マララさんの未来。

2017年 08月18日 16:30 (金)

2014年に史上最年少の17歳でノーベル平和賞を受賞したパキスタンの教育活動家、マララ・ユスフザイさん(20)が英オックスフォード大学に入学することになり、心境を語った。😁😁😁

大学では、政治学、哲学、経済学を専攻するコースに入るという。過去に同じコースを専攻した人物には、キャメロン前英首相やパキスタンの故ブット元首相らがいる。☝🏾

マララさんはツイッターで「オックスフォード入学にわくわくしている」などと書き込んだ。👍🏾👍🏾👍🏾

マララさんの演説、以前紹介しましたが、これから先、マララさんの未来が楽しみですね。

メルボルンが1位!

2017年 08月18日 09:58 (金)

英誌エコノミストの調査部門エコノミスト・インテリジェンス・ユニット(EIU)がまとめた2017年の「世界で最も住みやすい都市」ランキングで、オーストラリアのメルボルンが7年連続で首位となった。🎉🎉🎉


EIUは世界140都市を対象に、犯罪、医療、環境、汚職、検閲などの項目を基に「住みやすさ」を数値化。☝🏾
リポートは、多くの都市で「テロの脅威への認識が広がっている」と指摘したが、この10年で見られた住みやすさの低下傾向は落ち着いたという。☝🏾️

メルボルン以下のベスト10は、ウィーン(オーストリア)、バンクーバー(カナダ)、トロント(同)、カルガリー(同)、アデレード(オーストラリア)、パース(同)、オークランド(ニュージーランド)、ヘルシンキ(フィンランド)、ハンブルク(ドイツ)となった。👍🏾👍🏾👍🏾

一方、最も住みにくい都市は、最下位からダマスカス(シリア)、ラゴス(ナイジェリア)、トリポリ(リビア)、ダッカ(バングラデシュ)、ポートモレスビー(パプアニューギニア)が続いた。💦

また、過去5年間に住みやすさが最も改善した5都市は、テヘラン(イラン)、ドバイ(アラブ首長国連邦)、アビジャン(コートジボワール)、ハラレ(ジンバブエ)、コロンボ(スリランカ)だが、いずれもランキングの下位半分に位置している。😁
住みやすさが最も低下したのは、キエフ(ウクライナ)、ダマスカス、トリポリ、デトロイト(米国)、モスクワ(ロシア)だった。💦