FC2ブログ

11月 « 2015年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

肉ぅー!!

2015年 12月11日 22:13 (金)

久々?の焼肉ー!!😁😁😁


て言うか、オレをほぼ拉致に近いけど。笑

今から行くわー!の集合に、待ってると、2人で来て、後部座席乗ってー!と。😅

何処食べに行くんやー?の問いに、焼肉ー!との返答が。笑

いやいや、オレの意思はー!笑

まあ、焼肉ならいつでもベストコンディションのオレやけど。笑😁😁😁

さ!今日も喰うどー!!

横滑り禁物!

2015年 12月11日 15:39 (金)

世界には数多くの恐ろしげな橋が存在するが、車が渡れるものとしてはロシア、ザバイカルにあるクアンディンスキー橋ほど怖い橋はないのかも。笑😁

ロシア人は恐怖遺伝子が少ないというが、この橋を見たら、例え高性能なスタッドレスタイヤに履き替えていたとしても渡るのを躊躇してしまうのが一般の感覚でしょう。😁

ヴィティム川の両岸570mをつなぐこの橋の幅はわずか2mしかなく、ガードレール、欄干などの安全対策は一切なされていないのだ。😱


腐食が進む金属製の構造の上に古い木製の枕木が打ち付けられただけの橋は、雪や氷で覆われると非常に滑りやすくなる。
そして、その期間は1年の大半に及ぶ。なぜならここは極寒の地、バイカル湖の東部に位置するシベリア区なのだ。☝🏾️


ここを通過する車は、その下にある凍てついた川に転落しないよう、用心に用心を重ねて渡らなければならない。💨


元々、バイカル・アムール鉄道というシベリア東部とロシア極東地域間4,324kmを結ぶ鉄道用の橋として設計されたが、これが正式に使用されることはなかった。そのため、付近にある人口1,500人ほどのクアンダ村の住人がヴィティム川を渡る際に使い始めた。


正式に完成した橋ではないため、建設されて以来30年間、まともな修理はほとんどされたことがない。😱

時間と過酷な天候によって、枕木の痛みはひどく、大型車の車重のおかげで所々壊れている。そうやって穴が残された場所は、渡る前に板などを渡す必要がある。☝🏾️



春の終わりから夏にかけてもクアンディンスキー橋を渡るのは大変な作業だが、それが本当に恐ろしいものに変貌するのは冬である。😱

ドライバーを待ち構えるのは非常に滑りやすい、欄干のないギリギリの幅だけではない。風もまた大変強く、慣れたドライバーでさえも、窓を全開にして煽られる力を最小限に抑える必要がある。
さもなければ、、、水の墓場が待っている。😱


だが、面白いことに、クアンディンスキー橋にまつわる事故や死者に関する記録は見当たらないという。☝🏾️
おそらくは、証拠隠滅、、おそロシア、おそロシア。笑

でも車で渡ってみたいと思うのは僕だけ?😅
勿論!自分の運転じゃないと嫌ですけど。👍🏾

少しだけ、、

2015年 12月11日 08:39 (金)

晴れ間が見えてきたよー!☀️☀️☀️


天気予報では、昼から止んでいくとのことだし、もう晴れていくかな?😁😁😁

て言うか、気温めちゃめちゃ暖かいぞー!😍😍😍

おはよー!

2015年 12月11日 05:06 (金)

はーい!皆さーん!朝ですよー!😁😁😁


て、雨の日は走れないのである。。😱😱😱

うー、、、とりあえず逆立ちでもしよっと。💪🏾