FC2ブログ

05月 « 2016年06月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 07月

アーチャーの幸せ。。

2016年 06月19日 17:48 (日)

アメリカ、テキサス州では豪雨の影響で103年来とも言われる深刻な洪水が発生!😱😱😱

同州フォートベンド郡で起きた洪水の被害を確認するため、保安官のトロイ・E・ネールスさんが取材クルーを乗せゴムボートで見回っているとき、驚くべき光景が目に飛び込んできた!😱😱😱

水浸しになった家の玄関ポーチの前で、首まで水に浸かって身動きが取れなくなっている犬の姿が!😱😱😱

かろうじて頭だけが出ている状態で、水位がこれ以上あがったら溺死してしまいかねないというかなり危険!😱😱😱

そこでネールスさんはとにかく急いで助けることに!💪🏾💪🏾💪🏾

「首から上だけがひょっこり見えたんです。現場を取材中のマスコミ関係者と一緒だったので、とにかく一緒に助けようと言いました」とネールスさん。


だが、すぐに大変なことが判明する!😱😱😱

「ボートで玄関まで近寄ると、KPRCのレポーターのアーチャーさんがもう1人の仲間と水に飛び込んで、犬を水から引き上げようとしました。でも、できないんです。玄関に繋がれたままだったんですよ」と。😱😱😱


だが、幸いにも、どうにかこうにか水かさが増すその場所から救出することに成功したのだ!💪🏾💪🏾💪🏾

そして、ネールスさんはその犬に、一緒に救助に加わった勇敢なレポーター、アーチャーさんの名前をもらい「アーチャー」と名付けた。😉

その後すぐにヒューストン動物愛護協会に連れて行ったところ、ひどい目に遭ったわりに健康状態は比較的良好だったようだ。😉😉😉


アーチャーとネールスさんの運命の糸はこの時に既に強固に結ばれていたようだ。☝🏾️

ネールスさんは家族を連れてアーチャーの様子を見に再び愛護協会を訪れた時の事。☝🏾️

「日曜日に家族と一緒に愛護協会へ行きましてね、みんなに紹介してあげたんです。そしたらウチの連中が家で飼うって言い出しまして。そのまま連れて帰りました。で、それ以来ハッピーってわけです」と。😉😉😉

そう、ネールスさんは助け出したアーチャーを家族の一員として迎え入れたのである。😍😍😍


その話が広まると、ネットには家に繋ぎっぱなしにしておいた元飼い主への非難が殺到したそうだ。😅

KPRCの取材によれば、元飼い主の男性はまさかあそこまで水かさが上がるとは想像もしなかったとのこと。
事態に気づいて家に戻ろうとしたのだが、検問があって通してくれなかったのだそうだ。
だがどういうわけか、検問では、玄関に犬を繋ぎっぱなしだということは一切話さなかったという。☝🏾️

「犬の事を話していれば、警察か救助隊がすぐに助けに行ってくれたはずなんですかね。インタビューでは、もう犬がいらなかったとも発言しています。どこかいい家にもらわれてくれたらと思っていたようです。保安官が引き取ったことを知らされているかは分かりません」と。☝🏾️

ネールス保安官は元飼い主がわざと放置しておいたのかどうかについて口を濁す。
だが、家族になった犬のアーチャーの今後について、愛情に飢えるようなことは絶対ない、ときっぱり答えている。☝🏾️
そして、本人もそれをきちんと感じているようだ。

「この子と私にはもう絆が芽生えています。そして、それはこれから先も消えることはないです。我が家では玄関ポーチに繋いだりせず、部屋の中で快適に暮らしていますよ。寝るときはベッドの上だし、家族からいつも注目されていますし。この子の人生は新しく始まったんです」と。👍🏾👍🏾👍🏾



まあ、元の飼い主の発言は驚くしかないですが、、でもその考えなら、アーチャーは今が幸せでしょうね!て言うか、無事に助かってなによりです!😄😄😄