FC2ブログ

11月 « 2017年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

連チャン!

2017年 12月17日 20:43 (日)

あはは!笑

はーい!てなわけで、本日はいつもの友人宅からのルミナリエでーす!😁😁😁



因みに、本日、最終日でっせー!✨✨✨

今だに差別!?

2017年 12月17日 14:03 (日)

て言うか、、今だにこんな事を言うか!?というネタを。☝🏾

空港で人種差別を受けた黒人男性が、相手に対してある一言を言い放ち周りからは拍手があがったものだ。

ワシントンの音楽事務所で代表取締役を務めているエミット・エクラス・ウォーカーは、ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港のファーストクラスの列に並んでいた。☝🏾

すると後ろにいた白人女性が話しかけてきた。その会話がこちら。。

女性「すいません、間違った列に並んでいますよ。優先搭乗者のための列ですから」
エミット「優先ってファーストクラスのことですか?」
女性「そうです。だからすいませんけど、私たちが搭乗した後に呼ばれますから」
エミット「(女性の顔にファーストクラスのチケットを見せつけながら)落ち着いてください、私は間違った列には並んでませんから。私の方が早くから並んでるから、私の後に搭乗できますよ」

女性「(それでも引き下がらず)じゃあ軍か何かなのね。私たちはちゃんとお金を払ってるんだから、そっちで待っててもらえる?」
エミット「軍に入るにはデブすぎるから無理だよ。ただ金持ちなニガーなだけだから」


そして、SNSに「この人ウケる(笑)」とセルフィーを撮って投稿したエミット。😁😁😁

この女性は、黒人であるエミットがファーストクラスには乗れないと決めつけ、失礼な態度を取ってきたのだ。😤
そんな女性に対して自分のことを自らニガー(nigga)と呼び、黒人に対しての差別用語を使うことで、あえて自虐して言い返した。笑😅

すると、この一部始終を聞いていた周りの人たちから拍手が起きたという!笑👏🏾👏🏾👏🏾👏🏼👏🏼👏🏼


ただ、、この後、自分がSNSでシェアしたことで予想以上に拡散され、この女性に対して批判的な言葉が飛び交ったことについて、エミットは「この女性に謝りたい。あなたの行動が決して良いことではないにしても、こんな風に注目されるべきではなかった」と、女性に対して謝罪するという広い心を見せたのだ。😭😭😭

またええ奴やなー!!エミットー!!👍🏾👍🏾👍🏾

て言うか、今だに黒人差別的な事を平気で言う人がいてるですねー、、それも女性で、、なんか残念ですねー、、で、エミットの返しが上手い!笑
但し、あくまで本人が自虐ネタで返しただけなので、皆さんは、間違っても黒人さんに対してnig◯◯と呼ばないように!☝🏾☝🏾☝🏾

俺んち来い!!

2017年 12月17日 12:54 (日)

かつてアフガニスタンで無数の命を救ってきたイギリスの軍用犬2匹が、里子に出すことが困難との理由で殺されようとしているお話し。。💦💦💦

ベルジャン・シェパードのケビンとダズは、ヘルマンド州で爆発物探知犬として活躍した後、4年前に引退した。

その後彼らは「安全ではない」との理由で今週にも安楽死に処せられることになった。😢😢😢

これに対して兵士や飼育係たちは決定の変更を請願!☝🏾
引退した2匹が飼育されているレスターシャーの国防動物センター宛に請願書を送り、彼らの助命を訴えている。☝🏾


英国防省のスポークスマンは、「できることなら里子に出して余生を過ごさせてやりたい。ですが残念ながら、無理だと判断しました」と語った。💦

請願書の発起人である元SASのアンディ・マクナブ氏は、ケビンとダズ(ともに9歳)のほか、同じく安楽死処分が決定された元警察犬のドライバーの命も救おうとしている。👍🏾

「ケビン、ダズ、ドライバーのような犬たちは現役中には資産として扱われますが、引退すればそれ以上の存在になります。彼らには借りがあります。命を助け、家を見つけてやらねばなりません」とマクナブ氏。

彼が特殊空挺部隊に所属していた当時、犬たちは爆発物の臭いをかぎ当て無数の命を救ってきたという。😢😢😢
 
「アフガニスタンでパトロール中、犬が目の前の爆弾を見つけてくれました。私は隊列の3番目にいたので、生き残れたのは本当に幸運だったのです」

英軍では現在400匹の軍用犬が飼育されている。犬たちは北アイルランド、アフガニスタン、イラク、コソボ、ボスニアといった地域で爆発物探知、麻薬探知、安全なルートの確認といった任務についている。

犬が現役を引退すると、犬訓練部隊の訓練士のもとへ送られ、民間へ里子に出す準備として”脱訓練”が行われる。☝🏾
その後は働く必要などなく、リラックスしていいのだということを教え、町中でも落ち着いていられるよう躾ける。👍🏾

こうして里子に出せるかどうかその適性が評価される。多くの犬たちが元軍人や一般人たちによって引き取られているが、その訓練は厳格なもので、全ての犬が里子に出しても問題ないと判断されるわけではない。💦

脱訓練の最後に老犬、危険、基準を下回る、病気といった理由で不適格と判断された場合は、安楽死させられることになるのだ。😢😢😢

4年前に現役を引退したダズ(9歳)は、防衛動物センターで研修員たちのトレーニングのサポートを行っていた。。
ただ、今週中に安楽死の決定が下った退役軍用犬のダズ。😢


だが!アンディ・マクナブはネット上でダズたちを救う為の署名を集めていて、他の兵士たちの活動のおかげもあり、殺処分反対のために集まった署名は、現時点で約37万3,000人。その署名はディフェンス・アニマル・センターへと届けられ、3匹の命は無事救われた!!😭😭😭

本当に良かったー!!😭😭😭

なんなら、ダズ、ケヴィン、ドライバー、共に俺んち来い!!👍🏾👍🏾👍🏾

給水ポイント!?

2017年 12月17日 07:46 (日)

おっはー!笑
さて、毎度のように今朝も汗だくですが、ローワー帰りに橋の手すり上にこんなのが、、


そうか、ここはマラソン大会でよくある給水ポイントかー、、

て、違う違うー!笑

誰やー!こんなとこに飲みさし置いてったのはー!笑😅💦

カラッカラの汗だく状態にこんなもん見せたらあかんやつー!笑😱😱😱

と、まあ、そんなこんなで、残り僅かの距離は全力ダッシュで終え、その後、水をぐい飲みした事は言うまでもない。笑