FC2ブログ

01月 « 2020年02月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  » 03月

新型コルベット!!

2013年 01月25日 23:54 (金)


米GMは2013年デトロイトモーターショーで、新型「コルベット」を初公開した。新型コルベットは、米国で2013年の第3四半期に発売される予定。日本への導入も予定するが、発売時期は未定としている。

 今回で7代目にあたる新型コルベットは、フレーム構造やシャシー、パワートレーン、エクステリア&インテリアデザインを一新。従来モデルから継続する部品はわずか2つと言う。

 パワートレーンでは、直噴システムとアクティブフューエルマネージメント、連続可変バルブタイミングなどを採用した新型のV型8気筒6.2リッターエンジン「LT1型」を搭載。最高出力は335kW(450HP)、最大トルクは610Nmで、“スタンダードモデルとしてはもっとも高性能”と謳う。0-60mph加速は4秒以下としている。

 エクステリアではカーボンファイバー製エンジンフード、リムーバブルルーフパネル、複合材製フェンダー、ドア、リアクォーターパネル、カーボン・ナノコンポジット製アンダーボディーパネルといった軽量素材を装備。

 また、インテリアではカーボンファイバー、アルミニウム、ハンドメイドのレザー素材を使用するとともに、サポート性に優れた軽量マグネシウムフレームを持つ2種類の新型シートなどを装備した。

 GM北米のマーク・ロイス社長は、「1963年型のシボレー コルベットと同じように、最先端技術と息を飲むようなデザイン、畏れるほどの走行性能を備えたシボレー コルベットは、最高のパフォーマンスを体現しています。まったく新しいシボレー コルベットは、最新のテクノロジーとデザイン、エンジニアリングを活かし、これまで以上に進化しています」と述べている。

そして、なんと!アメリカン・マッスルカーの象徴、シボレー『コルベット』に「スティングレイ」の名が復活!

ゼネラルモーターズ(GM)は、14日に開幕するデトロイトモーターショー13に先駆け13日夜、7世代目となる新型シボレー『コルベット』を発表。車名には、かつての名車の愛称でもある「スティングレイ」の名が冠され、「コルベット・スティングレイ」として生まれ変わった。

新型コルベット・スティングレイは、新開発の6.2リットルV8エンジン「LT1」を搭載。これに同社初となる7速マニュアルシフトを組み合わせる。最大出力は450hp、最大トルクは610Nm。0-96km加速は4秒だ。

さらに同エンジンはコルベットとして初めて気筒休止システム「アクティブフューエルマネジメント」を採用した。低負荷走行時に8気筒のうちの4気筒を休止することで、燃料消費を抑えるもの。米国EPA予想高速燃費は26mpg(約11.05km/リットル)と、歴代コルベット最高の燃費となる。












前はカッコいいけど、ただ、テールがちょっと残念。。カマロっぽいぞー!




でもメーター周り明らかに最先端!なんか凄いー!