FC2ブログ

12月 « 2020年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

これもある意味芸術品!

2013年 11月30日 17:32 (土)

モスクワ中心部の「赤の広場」に、「ルイ・ヴィトン」が、スーツケースの形をした巨大展示場を設置したところ、共産党議員らから「目障りだ」などと批判が噴出し、大統領府が撤去を命じる事態になったそうだ。。


この展示場は高さ9メートル、幅30メートルの大きさで、12月2日にオープンする予定でした。
そして、展示場での収益は慈善団体に寄付されることになっていたそうです。

巨大展示場について、共産党議員のバレリー・ラシュキン氏は、「国の象徴とも言える広場にスーツケースが置かれたことを恥ずかしく思う。神聖な場所は国が守るべきだ」と非難した。

ペスコフ大統領報道官は記者団に対し、「スーツケース自体に問題はなく、善意に満ちている。ただ、その大きさに問題があるのは明らかだ」とコメントしたそうだ。。

うーん、、大きさに問題があると言うけど、これだけ大きいからインパクトあるんだし、それを人々が見に来て寄付金も集まると思うんだけどねー。
普通のヴィトンのスーツケースをこんな大きい広場に展示したところで、インパクトどころか、気づいてもらえないだろう?て言うか、ただの落とし物状態。笑
それと同時に寄付金も集まらないでしょう?

別にいいと思うけどねー、、何より企画がオモロイやんねー!このデカさが!笑
1人旅なら何泊分やー!?

て言うか、国の象徴かも知れんけど、、、ひ・ろ・ば。広場ー!!

しかもヴィトンなんて、1854年から存在する世界的にも超!有名な一流ブランド!
まあ赤の広場は1493年が起源とされてるけど、、
でも最初は赤の広場という名前じゃなかったんですよー!
トルグ広場という名前で、トルグとは交易や、商売という意味なのですよ!
ついでに、交易とは貨幣、もしくは、物品と物品とを交換する事です。
なら、その起源の由来でいくと、商売でも交易でもない、寄付金目的にしてるからダメって言うなら、まだ分かるが(分からんけど。笑)、単純に目障りとか、国の象徴とかの理由って、どうなんでしょうねー!
ましてや、「スーツケースを置かれた事を恥ずかしく思う。」まで言うかあ~!?
まるで、汚らわしい物をそこに置いてるみたいですよねー。。

特にヴィトンファンて訳じゃないけど、なんか、ただ単に「余所者は受け入れません。」みたいな、閉鎖的な感じに見えるのは僕だけかな?