FC2ブログ

12月 « 2020年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

最強の番犬!!💪💪💪

2015年 01月22日 12:44 (木)

因みに、この画像は狼に人が襲われているわけではないのでご安心を。笑😁

ただただ、ジャレついてるだけなので。👍👍👍
えっ!?マジ!?と、思いますよね??😁😁😁
はい、マジでジャレてるだけです。笑😁😁😁

でももし!狼という番犬が、家人を守ってくれるというのなら、これ以上心強い番犬はいない!💪💪💪
そう思いませんか??😁😁😁

先日、ロシアで熊を飼うという話を書きましたが、そのお隣、カザフスタンのアルマトゥイ地方の村人たちは、犬ではなく、森で暮らす狼を番犬にすることにしたそうだ!😱😱😱
あ、昨日のBIG DOGの中にいた、ウルフドッグではありませんよー。笑😁
マジのウルフです。😱😱😱

地元のニュース報道によると、狼を飼いならす事は、カザフスタンに住む人々の間で今やちょっとした流行りになっているという。😉😉😉

因みに狼の子供は一頭6万円ほどで売買されているという。👍
上手く世話してやれば、飼いならすことができるとハンター達も自信をもって言う。👍👍👍

アルマトゥイの南東に住むある農夫は、3年前にハンターから狼の子供を一頭飼ったそうで、今ではすっかり懐いているという。😘

この農夫の狼の名はクルカ。😉
彼の家の庭で飼われていて、飼い主である農夫と一緒に村の中を散歩する。😁


そしてこう語っている。。「口輪もかけないし、鎖でつないだりすることもめったになく、いつも村のまわりを散歩している。家族や隣人も、まったくクルカを恐れていない。
ちゃんとエサをやって大切にしてやれば、人間を襲うことなどない。
ただ、犬よりもたくさん食べるけどね。少なくとも一日に3回はエサをやらなくてはならない」と農夫は語る。👍👍👍


だが、狼の専門家アルマス・ザパロフは、狼を家で飼うことに反対だ。「狼は時限爆弾のようなもので、いつ爆発してもおかしくない。裕福なカザフ人の間で、家の敷地内でオオカミを飼うことがトレンドになっているが、それは致命的な結果を招くことになりかねない」。と警告する。😱😱😱


ソーシャルメディアユーザーもこうしたトレンドに対する懸念を発信して、なにも規制してこなかった政府の責任に言及している。😱

にもかかわらず、いまのところ狼は脅威にはなっていないようだ。ニュースの映像を見る限りでは、オオカミは新しいライフスタイルにとても満足しているようで、新しい主人にまとわりつく様子は犬となんら変わりないように見える。😍😍😍

ただ、ロシア帝国の国々では、飼いならされたオオカミの話はこれが初めてではないのだ!😁😁😁
あ、ご存知無い方もいてるかと思いますので、お伝えしときますが、カザフスタンとは、元々、ロシア帝国の一部でした。☝️
独立してカザフスタンとなり、今に至ります。☝️
て事で、やはり、ロシア系のペットは厳ついという結論!😁😁😁

数ヶ月前にも、狼の群れを飼いならして、ペットとして育てているベラルーシの家族のことがニュースになったのだ。🎉🎉🎉