FC2ブログ

12月 « 2020年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

イヌ!?キツネ!?😁

2015年 03月25日 10:21 (水)

犬と勘違いされた、可愛いキツネの姿が確認されたぞー!😁😁😁
名前はトッドちゃん。トッドは人の手で繁殖された耳の不自由なキツネである。野生で生きることは困難と判断され、生後4ヶ月の時、エマ・ダ・シルバさんのところにやってきた。😉😉😉


シルバさんのところに来てからというもの、トッドはまるで自分が犬かのような振る舞いを見せるようになった。😳😳😳
人懐っこく愛嬌たっぷりのキツネとなった。因みに、シルバさんのところには2匹のラブラドール犬がいてる。😁😁😁


一緒に暮らすラブラドールのスカイとオークレーにべったりで、彼らの姿に憧れを持ってしまったのか、犬のようにぶんぶん尻尾を振ったり、おもちゃで遊んだり、リードをつけてお散歩に出かけたりと。😍😍😍


今では11ヶ月になっているが、地元の公園を颯爽と歩く姿を見かけた通行人が思わず、「犬?えっ?キツネ??」っと2度見をするほどの不思議な事態となっているそうだ。😅😅😅


エマさんの許に引き取られた当初、トッドは精神的に少し不安定だったそうで、、しかし、今はすっかり元気になり、エマさんと強い絆を育むことが出来た!👍👍👍


エマさんはこう語っている。☝️
「私にすごくジャレくるの。餌をあげに近寄ると、尻尾をブンブン振りながら駆け寄ってきたり、ゴロンってお腹を見せて撫でるよう催促したりね。家の中にも入ってくるけど、外にいる方が好きみたい。犬と同じように、柵の中に小ぶりの犬小屋を置いて、毛布を敷いたわ。確かに犬みたいだけど、犬以上に活発よ。他の2匹の犬にすっかり懐いて、いつも遊びたそうにしているの。」

「犬と同じように行動したがるけど、リードを離すことはできないの。耳が不自由なので、呼んでも戻ってこられないから。最初は大変だったけど、今では人と暮らすことにも慣れたみたい。公園で人や犬が近寄ってくると最初は身構えるけど、すぐに犬の匂いを嗅いだり、じっとお座りして待ってるの」と。☝️


実はトッド、さまざまな動物に囲まれて暮らしている。😍
エマさんは狐と犬の他にも、スカンク、アライグマ、トカゲ、ヘビなど、40匹もの動物を飼っているのだ。😍😍😍
こうしたペットの一部を学校やケアハウスに連れて行き、子供やお年寄りたちが動物と触れ合える機会を提供している。😄😄😄

エマさんはこう続けている。「トッドを学校に連れて行ったときは、私が抱っこしながら子供たちに撫でてもらって、皆とても喜んでくれましたよ。かなり慣れてきたので、もっといろいろな人に触れ合ってもらえるようになるのが楽しみです。」と。👍


英国動物虐待防止協会によれば、イングランドとウェールズには、きちんと面倒を見ている限りは動物の飼育に関する規制はないそうだ。☝️
とは言え、キツネは家畜化された動物ではなく、野生のものと同じ環境が必要になる為、飼育は相当に大変だとの事。☝️

エマさん凄いです!😄😄😄
エマさんとゆかいな仲間達に幸あれ!!🎉🎉🎉