FC2ブログ

12月 « 2020年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

ノルマンディー上陸作戦!

2016年 04月28日 12:15 (木)

フランス北西部コタンタン半島に広がるノルマンディー海岸は、第二次大戦中ドイツが占領したフランス領の奪回の為、連合軍が決行したノルマンディー上陸作戦の舞台として名高い戦地跡で有名!👍🏾👍🏾👍🏾
 
ノルマンディー上陸作戦と聞いても名前だけは聞いたことはあるが、イマイチどういったものか分からない方の為に、軽く説明しておきましょう。☝🏾️

それは、1944年の6月から7月半ばにかけ、ドイツの強固な防衛線が築かれていたこの海岸線への上陸を目指し、連合軍が行った史上最大規模の侵攻作戦だ。💪🏾
別の地点で迎え撃つ計画を立てていたドイツ軍の裏をつく形で成し遂げられ、その結果、新たな戦線を開いた連合軍がドイツの戦力を大きく削ぎ落とす展開となった作戦なのだ。☝🏾️

連合軍がこの作戦を決行したのは1944年6月6日の事。
ドイツの防衛線に守られたノルマンディー海岸に突出したオック岬には重厚なコンクリート要塞が築かれているだけでなく、155mm砲重砲台が6基も据えられており、岬を挟むオマハビーチとユタビーチに停泊する連合軍の侵攻艦隊の迎撃が可能だった。💪🏾

そのため岬の砲台の破壊は連合軍にとって重要な鍵となっていたのだ。
作戦開始後、数週間にわたった侵攻作戦によりノルマンディーの海岸全域はオック岬を中心に爆撃を受け続けた!💥💥💥

それが、第二次世界大戦の転機の一つとしても語り継がれているノルマンディー上陸作戦なのだ。☝🏾️☝🏾☝🏾

そして、月日が流れた今、地面をえぐった爆撃跡には緑が広がりつつあるものの、その痕跡が作り出す無数の影は海岸をめぐる壮絶な戦いの証拠として残り続けている。☝🏾️

弾痕がついたバンカーやドイツ軍の弾薬庫の跡も垣間見えるこの場所には、1979年に記念碑が立てられ、現在は米国戦争記念碑委員会の下で管理されている。☝🏾️☝🏾☝🏾

でわ、そんなノルマンディー上陸作戦跡を載せましたのでご覧下さい。👍🏾


1.


2.


3.


4.


5.


6.


7.


8.


9.


10.


11.


12.


13.


今は緑が生え、戦場の悲惨さが伝わりにくくなってますが、紛れもなくこの場所が戦地と化していたのだ。☝🏾️

以上、ノルマンディー上陸作戦の概要と、その跡地でした。☝🏾️