FC2ブログ

12月 « 2020年01月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 02月

ボウリング?BAR?😁

2016年 07月30日 16:59 (土)

アメリカのカリフォルニア州でライブ会場として使われていた元ボウリング場が、大がかりなリノベーションによっておよそ90年ぶりに本来の機能を取り戻し、当時の面影を残しながらもスチームパンクなボウリングバーへと生まれ変わった!!🎉🎉🎉



近代的な技術が施されながらも、元の設備や構造をできる限り生かす形で仕上げられたレトロでクールなこの遊技場は地元でも人気を集めているようだ!👍🏾👍🏾👍🏾

ロサンゼルス近郊のハイランドパークの町に、このボウリング場がオープンしたのは1927年の事。☝🏾️
しかし当時のアメリカでは人々を熱狂させていたナインピンボウルがギャンブル性を帯び始め、州法で禁じられる時代に突入!😱

その後、流行のピークが過ぎた80年代から90年代になると、ここはロサンゼルスを代表するライブ会場に改装された。😉😉😉

こうした経緯をたどっていた元ボウリング場が、このほどロサンゼルスで地域密着型のリノベーション・バーを展開する会社に改装され、スチームパンクな雰囲気をまとったボウリングバーとして再利用されることになったのだ!😄😄😄

改装の過程ではレーンの背後に1930年代に描かれた巨大な森林の壁画を。😉
この画は周辺の風景を描くよう、有名な壁画家に依頼したものだ。👍🏾👍🏾👍🏾

かつてのハイランドパークの町は、アーツ&クラフツ運動を主導する地域でもあった。
それは1800年代後半から1900年代初頭にヨーロッパや北米で起きた装飾美術の国際運動で、安価である一方、粗悪な品も生み出す近代産業の大量生産に対抗し、かつての手作業や伝統工芸を見直そうという動きだった。☝🏾️☝🏾☝🏾

こうした努力によって、元の外観や内装が姿を現した。
リノベーションの過程では、かつての構造を極力保つような努力がなされ、設備のリサイクルを含め、作業が行われた。💪🏾💪🏾💪🏾

あまりに古すぎる機械はヴィンテージ品に置き換えたが、味のあるレトロな販売機などはそのまま展示!✨✨✨

また、かつてのピンマシンは、シャンデリアやバーの棚に生まれ変わり、古いピンの一部はバーの照明に作り替えるなど、当時の設備を新たな形で有効利用する工夫が凝らされているところがまたニクい!!😍😍😍

でわでわ、そんな生まれ変わったボウリングバーの様子をご覧頂きましょう!😁😁😁

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー








































ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
いかがでしたか??オシャレ過ぎるでしょ!?✨✨✨

こうして生まれ変わったハイランドパークボウルは、当時の面影を残したレトロで粋なボーリングバーとして再びオープンしている!🎉🎉🎉

ただ、こんなカッコいい雰囲気のボウリングバーなら、ボウリングを楽しまずに、お酒だけ楽しみに行っても十分でしょうね!!😍😍😍

日本にもこんなカッコいいお店が欲しいとこです。😉😉😉