07月 « 2017年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

セレーノとワーグナーの深い友情。。

2017年 01月17日 12:16 (火)

2017年1月3日、ブラジルのリオグランデ・ド・ノルテ州で、ワーグナー・リマ・フィゲイレドさん(34歳)の葬儀が行われた。😢😢😢

彼はセミプロのカウボーイとして10年にわたり愛馬とともにロデオで活躍していたが、1月1日に起きたバイク事故で帰らぬ人となった。😢😢😢

早すぎる彼の死を悼む葬儀がしめやかに行われる中、ひときわ参列者の涙を誘ったのは、、ワーグナーの最高の相棒だった白い馬、セレーノの姿だった。😢😢😢


彼はワーグナーの棺に頭を横たえ、親友との最後の別れに泣き叫ぶような声で泣いていた。😭😭😭

あまりにも悲しげな彼の姿は、現地のメディアを通じ種族を超えた友情と、動物が示す同胞への深い愛情を示す光景として報じられた。✨✨✨

葬儀が始まると、セレーノは驚くべき行動をとった。彼は蹄を地面に叩きつけながら慟哭するかのごとく泣き始めたのだ。😭😭😭


その悲痛な鳴き声は何度も繰り返され、故人と愛馬の痛ましい別れの場面を目にした人々は再び涙を流した。😭😭😭

特に彼らの仲の良さをよく知る人にとって、セレーノのふるまいは偶然とは思えなかった。☝🏾️

また、ワーグナーの親族は、まるで人間のように故人の棺に頭を寄せるセレーノを見て衝撃を受けたと語っている。😢😢😢


車で運ばれる棺をのぞき込み寄り添うようにするセレーノ。😢

セレーノはワーグナーの遺族の元へ。😢

生前のワーグナーはセレーノの飼料を購入する費用を確保しておくために節約するなど、常にセレーノのことを思いやり大切にしていた。☝🏾️

彼らの友情はとても深く、ワーグナーはセレーノにとってもかけがえのないパートナーだったのだ。👍🏾

尚、今後のセレーノの世話は、ワーグナーの遺志を継ぎ彼の兄弟が行うことになった。👍🏾

人々は動物に情熱を注ぎ、心を通わせるほど愛情を傾けていた故人を称えつつ、それぞれの思い出を胸に早すぎる別れを惜しんでいたそうだ。。😢😢😢